英国自動車生産42.8%減、新型コロナが影響 2020年上半期

業界 レスポンス

英国自動車工業会(SMMT)は7月30日、2020年上半期(1〜6月)の英国における自動車の生産実績を発表した。総生産台数は38万1357台。前年同期比は42.8%減と、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響で大幅減となった。

総生産台数38万1357台を英国向けと輸出分で分けると、英国向けが7万2346台。前年同期比は45.7%減と、引き続き2桁のマイナス。輸出分も30万9011台にとどまり、前年同期比は42.1%減と減少傾向にある。

上半期、英国で生産された乗用車の8割以上が輸出された。EU、中国、米国、韓国、日本が主要な輸出先となる。

なお、英国に生産拠点を置く主要自動車メーカーは、トヨタ、ホンダ、日産、ジャガー・ランドローバー、BMWグループのMINIとロールスロイス、フォルクスワーゲングループのベントレーなど。

2019年の英国自動車生産台数は、130万3135台。前年比は14.2%減と、3年連続で前年実績を下回った。英国自動車工業会は2020年の自動車生産見通しについて、前年比32%減の88万台程度に落ち込むと予想している。

  • 森脇稔
  • ホンダ英国工場《photo by Honda》
  • ジャガー・ランドローバーの英国工場《photo by Jaguar Land Rover》
  • TMUK、トヨタ自動車の英国工場《photo by Toyota》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ