ジャガー世界販売45%減、日本は5年ぶりに減少 2020年上半期

業界 レスポンス

ジャガーカーズ(Jaguar Cars)は、2020年上半期(1〜6月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は4万2487台。前年同期比は45%減だった。

車種別の販売実績では、SUVの『F-PACE』が最量販車に。ただし、上半期は1万5064台にとどまり、前年同期比は31%減だった。『E-PACE』が、前年同期比39%減の1万2742台で、F-PACEに続いた。

EVの『I-PACE』は上半期、4966台にとどまった。前年同期比は60%減と落ち込む。スポーツカーでは、改良新型を投入した『Fタイプ』が、31%減の2811台。セダン系では、『XE』が54%減の3975台、『XF』が72%減の2069台、『XJ』が67%減の860台を販売した。

市場別の販売実績では、日本が780台にとどまった。前年同期比は60.3%減と、2015年以来、5年ぶりに前年実績を下回っている。

ジャガーカーズの2019年度(2019年4月〜2020年3月)の世界新車販売台数は14万0593台。前年比は22%減だった。

  • 森脇稔
  • ジャガー F-PACE《photo by Jaguar》
  • ジャガー E-PACE《photo by Jaguar》
  • ジャガー Fタイプ 改良新型《photo by Jaguar》
  • ジャガー XE《photo by Jaguar》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ