【日産 キックス 新型】日本向けにプレミアム感を重んじて…チーフデザイナー[インタビュー]

新車 レスポンス

日産から新型SUVの『キックス』が発売された。そのベースとなるクルマは2016年に海外でデビューしており、日本市場に向けてデザインに手が加えられているという。そこで、チーフデザイナーに話を聞いてみた。

◆あえて本格的なSUVを目指してデザイン

今回お話を伺ったのは日産グローバルデザイン本部プログラムデザインダイレクターの入江慎一郎さんだ。入江さんは2016年に海外で発表されたキックスのデザインも担当。

2012年から2013年頃にデザイン開発がスタートしたキックスは、「ブラジルやメキシコ向けに、小さく手軽なコンパクトSUVがこれから市場で流行っていくので、それを題材にデザインを開発していこう」ということが始まりだった。入江さん自身も、「まさにいま本当にコンパクトSUVの波が来ており、海外を皮切りにそういう流れは絶対に来るなと当時から感じていた。また私自身もそういうクルマが欲しいと思っていた」という。

実際デザインする上では、「カジュアルでかつダイナミックなパフォーマンスがそのままデザインに反映されるようなSUVにしたいと思っていた」と入江さん。「ともするとクロスオーバーみたいに、どちらかというとハッチバック寄りのデザインになりがちだが、あえて本格的なSUVを目指して開発していった。また、いかに現地で目立つか、際立つかを考えた」と話す。

◆当初、日本導入はなかった

そうして2016年に海外で登場したキックスだが、その時から日本への導入は考えられていたのだろうか。入江さんは、「正直考えていなかった。海外で終わるはずだった」と明かす。ではいつ頃開発がスタートしたのか。「日本市場に向けては、2018年の終わりぐらいからデザイン開発がスタートした。まさに超特急だった」とのことだった。

しかし一方で入江さんは、このキックスのデザインは日本にも通用すると思っていた。「フロントとリアの改修をすれば十分日本市場でウケるクルマが出来ると思っていた。実はこの企画はデザイン部から出たところもある」と述べる。これはまだ日本に出すことが決定する前に、「海外で出したキックスをベースに今回のようなスケッチ案を提案したところ、これは日本でも十分通用するという判断になった」と当時を振り返る。

その際は、「日本に出した時に本当に通用し、受け入れられるのか。色褪せて見えるのではないか、デザインが4年経っているので古臭く見えないか」が判断され、入江さんは、「デザインを今回のようにすれば日本の市場でも絶対にウケるというスケッチを描いて本決まりになった。その絵がなかったらいまはなかったかもしれない」と述べた。

その結果、キックスの日本導入に繋がっていったのだが、日本仕様をデザインするにあたり何を重視したのか。「日本市場に向けてはスニーカーみたいなアシグルマのイメージだけでは不向きで、お客様が実際に買う時にコンパクトでありながらもプレミアム感も重んじるだろう。そこでただのコンパクトSUV以上の付加価値をデザインで補うことによって、より魅力が増す車型になるのではないかと考え、開発当初からそこを重点的に内外装とも気をつけてデザインしていった」と語った。

  • 内田俊一
  • 日産 キックスデザインスケッチ《提供 日産自動車》
  • 日産 キックス《写真撮影  内田俊一》
  • 日産 キックス《写真撮影  内田俊一》
  • 日産 キックス《写真撮影  内田俊一》
  • 日産 キックス(海外仕様)《提供 日産自動車》
  • 日産 キックス(海外仕様)《提供 日産自動車》
  • 日産 キックス《写真撮影  内田俊一》
  • 日産 キックス《写真撮影  内田俊一》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ