メルセデスAMG GT/GTロードスター、530psにパワーアップ 特別仕様車も設定

新車 レスポンス

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスAMG『GT』(クーペ/ロードスター)を一部改良するとともに、特別仕様車「GTナイトエディション」を設定し、8月5日より予約注文の受付を開始した。納車は2021年第1四半期より順次予定している。

今回の一部改良では、GT/GTロードスターに搭載されるAMG 4.0リットルV8直噴ツインターボエンジン「M178」の最高出力を530ps(従来モデル比+54ps)、最大トルクを670Nm(同+40Nm)にパワーアップ。0-100km/h加速は3.8秒、最高速度は312km/h(ロードスターは311km/h・いずれも欧州仕様参考値)に達する。

パワーアップに伴い、強大な制動力と耐フェード性に優れるベンチレーテッド式ドリルドディスク(ディスク径390mm)を備える強化コンポジットブレーキシステムを採用。ハイパフォーマンスに対応する強大な制動力と耐フェード性、ペダル操作に対する優れた応答性を発揮する。

足回りでは、電子制御ダンピングシステムを搭載した「AMGライドコントロールスポーツサスペンション」を標準装備。3つのサスペンションモードを選ぶことで、走行状況に応じ減衰特性を調整できる。また、モータースポーツの技術が直接フィードバックされたダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用。上下動を最小限に抑えつつ、正確無比なハンドリングを実現する。

また、電子制御式のリミテッド・スリップ・デフを標準装備。駆動輪のグリップを改善するほか、限界におけるコーナリング速度を高める。加速時とアクセルオフ時には可変的にロッキング効果を発揮するほか、さまざまな走行状況や路面の摩擦係数に対応する。

さらにGT/GTロードスター/GT Rには、レーダーセーフティパッケージを標準装備。安全性も高めている。

価格は1777万円から2453万円。

特別仕様車GTナイトエディションは、GTおよびGTロードスターをベースに、内外装をブラックを基調で統一。特別デザインのカーボンファイバールーフ(クーペのみ)や特別マットブラックペイント19/20インチAMG Yスポークアルミホイールなど、数々の専用装備を施すことで特別感のある1台に仕上げている。

センターコンソールには「NIGHT EDITION」の専用バッジを装着。ボディカラーはクーペにはオブシディアンブラックとグラファイトグレーマグノ、ロードスターにはグラファイトグレーマグノを用意する。

価格はクーペが1999万円、ロードスターが2153万円。限定40台(クーペ合計35台、ロードスター5台)の販売となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • メルセデスAMG GT《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG GTロードスター《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG GT《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG GTナイトエディション《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG GTナイトエディション《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG GTロードスター《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG GTロードスター《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG GTロードスター《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • AMGライドコントロール スポーツサスペンション《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG GT フロントブレーキ《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • M178エンジン《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ