【ダイハツ タフト 新型】カメラの改良でADASが大幅進化、オススメは「Gターボ」[写真4]

  • 新型タフトで装備したACCは30km/h〜125km/hの範囲内で設定できるようになった《写真撮影 会田肇》
  • 試乗した新型タフトGターボ《写真撮影 会田肇》
  • ACCを含むADAS機能の一切を司るステレオカメラ《写真撮影 会田肇》
  • ACCで80km/hに設定し、先行車に追従して60km/hで走行中の状態。レーンキープコントロール(LKC)も作動している《写真撮影 会田肇》
  • ACCの設定はステアリング右側のスイッチで操作する《写真撮影 会田肇》
  • ダイハツ車として初めて搭載した電動パーキングブレーキ(右)。ホールドスイッチも装備された《写真撮影 会田肇》
  • 9インチスタイリッシュメモリーナビでは、センシングした交通規制情報が反映される《写真撮影 会田肇》
  • LKCによる車線内走行も対応したが、カーブでの追従性で若干スムーズさに欠けた《写真撮影 会田肇》
  • 商都被害軽減ブレーキやESC、パーキングセンサー、AIドリン津ストップの各スイッチ《写真撮影 会田肇》
  • ヘッドライトで照射していれば夜間でも北車の検知が可能になった(画像提供:ダイハツ工業)《写真撮影 会田肇》
  • 道路標識への認識は一時停止や性原則などにも対応するようになった(画像提供:ダイハツ工業)《写真撮影 会田肇》
  • ふらつき警報は、走行中にクルマのふらつきを検知するとドライバーへブザー音とメーター内表示で知らせる機能だ(画像提供:ダイハツ工業)《写真撮影 会田肇》
  • 立ち上がりから高速域まで充実したパワーを実感させるターボエンジン《写真撮影 会田肇》

今や軽自動車でもアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)を装備する時代。その有用性を高める機能として見逃せないのが電動パーキングブレーキだ。ダイハツから登場した新型タフトはこの機能をダイハツとして初めて搭載。そのACCとしてのフィーリングを試した。

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ