トライアンフ ストリートトリプルRS など、フロントブレーキが効かなくなるおそれ リコール

モーターサイクル レスポンス

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、『ストリートトリプルRS』などのフロントブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは『ストリートトリプルRS』『スピードトリプルRS』『タイガー1200XRT』『タイガー1200XCA』『タイガー1200デザートエディション』の5車種で、2017年2月4日〜2020年5月10日に製造された889台。

フロントブレーキの製造工程管理が不適切なため、ブレーキパッドのプレートへの接合が不十分なものがある。そのため、雨等により腐食し、ブレーキパッドがプレートから剥離して、最悪の場合、フロントブレーキが効かなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、フロントブレーキパッドの製造番号を確認し、対象の場合は当該パッドを対策品に交換する。

不具合および事故は発生していない。メーカーからの情報によりリコールを届け出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所《写真提供 国土交通省》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ