データ駆動型社会を想定した半導体を開発へ ミライズテクノロジーズなど組合を新設

業界 レスポンス

トヨタ自動車とデンソーの車載半導体開発の合弁会社ミライズテクノロジーズは8月17日、東京大学などと、データ駆動型社会の実現に向けて「先端システム技術研究組合」(略称=ラース)を設立したと発表した。

ラースを設立するのは同社、東大のほか、凸版印刷、パナソニック、日立製作所。

ラースは、IoTデバイスでセンシングしたデータを5Gで集めてAIで高度な分析を加えてサービスとして提供するデータ駆動型社会を支えるシステムに必要な専用チップのデザインプラットフォームを構築する。

オープンアーキテクチャを展開することで、専用チップの開発効率を10倍向上する。3次元集積技術を研究開発し、最新の7ナノメートルCMOSで製造したチップを同一パッケージ内に積層実装することで、エネルギー効率を10倍高めることを目指す。

このデザインプラットフォームを活用して、ラースに参加する組合員は自らが実現したいシステムを開発して事業化する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ