日本ペイントHDがシンガポール・ウットラム傘下に

業界 レスポンス

日本ペイントホールディングスは8月21日、シンガポール塗料大手のウットラムの傘下に入ることで合意したと発表した。

ウットラムは日本ペイントが発行する第三者割当増資を引き受けて出資比率を現在の39.6%から58.7%に引き上げ、日本ペイントを子会社化する。

日本ペイントは増資で調達した資金1兆2851億円と現金1000億円を使って、ウットラムと日本ペイントのアジア合弁会社と、ウットラムのインドネシア事業を、日本ペイントの100%子会社とする。日本ペイントはウットラムの主にアジア地域を担当する子会社となる。2021年1月1日にクロージングする予定。

日本ペイントは上場を維持する。今回のスキームで日本ペイントの純利益は約6割増、EPSも10%以上アップするとしている。

日本ペイントはウットラムとは1962年のアジアの販売代理店として提携してから、約60年間の関係を持つが、今回、ウットラムの傘下に入ることになる。これによってグループ間の相互販売の拡大やノウハウ共有、自動車向け塗料でのグローバル供給体制構築など、シナジーを追求する。日本ペイントは将来的な成長が見込まれるアジア事業に経営資源を集中する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ