ジープが電動化を推進、ラングラー にもPHV「4xe」…12月デビューが決定[動画]

エコカー レスポンス

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のジープブランドは8月25日、『ラングラー』(Jeep Wrangler)初のプラグインハイブリッド車(PHV)の「4xe」(フォーバイイー)を、12月に初公開すると発表した。

4xeは、ジープブランドのPHVに冠される名称だ。すでに、『レネゲード』初のPHVの『レネゲード4xe』と、コンパス初のPHVの『コンパス4xe』が用意されている。

ジープは、レネゲードとコンパスに続いて、ラングラーにもPHVの4xeを拡大展開する。ジープブランドは、2022年までの中期経営計画において、電動化の推進を重視している。ジープブランドの電動化の推進は、PHVを主役に位置付ける。2022年までにPHVを10車種、市場に投入。さらに、EVも4車種をリリースしていく。

なお、ジープは『ラングラー4xe』の新たなティザー映像を配信した。4ドアの「アンリミテッド」をベースに、専用のボンネットが採用されているのが確認できる。

  • 森脇稔
  • ジープ・ラングラー・アンリミテッド (参考)《photo by Jeep》
  • ジープ・ラングラー・アンリミテッド (参考)《photo by Jeep》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ