ナビタイム、2019年度は356本の新規開通道路に即日対応…道路開通の同時刻反映にも対応

テクノロジー レスポンス

ナビタイムジャパンは、「NAVITIME」、「カーナビタイム」、「トラックカーナビ」等の各種ナビゲーションサービスにて、2019年度は356本の新規開通道路に即日対応したと発表した。

ナビタイムジャパンでは、新規開通道路の地図データへの反映について、年6回の定期更新に加え、独自の調査や技術によって即日反映し、新しい道路を反映したルート検索やナビゲーションを提供できるよう努めた。

高速道路の新規開通に対しては、開通した道路すべてに即日対応した。一般国道・主要地方道・都道府県道・市町村道に対しては、2016年より提供開始した国内初「地図自動更新機能」により、最短で道路開通の翌日から対応。ユーザー側の設定・操作は不要で、新しい道路を反映したルート検索やナビゲーションが可能となっている。

さらに9月より、地図画面では、道路開通と同時刻から新しい道路の表示が可能になる。これは、道路開通に関する地道な調査や継続的な作業プロセスの改善に加えて、地図や道路データ切り替え作業の自動化、対象の道路データだけを地図データに反映する仕組みを構築したことで実現。道路開通と同じタイミングでの手動更新や膨大な地図データを扱うコストが削減でき、通信量を抑えて対象道路だけをリアルタイムに反映することが可能となった。

地図画面への同時刻反映については、まず「カーナビタイム」、「NAVITIME」に対応し、今後、「NAVITIMEドライブサポーター」、「トラックカーナビ」、「ツーリングサポーター」等のコンシューマー向けサービスや、法人向け「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション」にて順次対応する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ