マツダ、フレアワゴン を一部改良 安全技術と使い勝手を向上

新車 レスポンス

マツダは、軽乗用車『フレアワゴン』を一部改良、安全技術と使い勝手の機能を向上させ、9月3日より販売を開始する。

安全技術の機能向上では、夜間歩行者検知機能付き「デュアルカメラブレーキサポート」を全車に標準設定するとともに、「全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール」を幅広い機種に設定した。また、SRSエアバッグシステム(カーテン)を全車標準装備。毎日の運転に対する安全性を高めた。なお、フレアワゴンは経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に全車が該当している。

使い勝手の向上では、メーター内ディスプレイの拡大などにより、各種情報に対する視認性を向上させるとともに、「ハイブリッドXG」を除く全機種のインストルメントパネル中央下部にUSBチャージャー端子(2口)を設定。車内で複数の電子デバイスを同時に充電したい場合などに、便利に使えるようになった。

そのほか、「ハイブリッドXS」に運転席シートバックテーブルを追加設定。「ハイブリッドXG」を除く全機種のフロントワイパーに時間調整機能を追加した。また、「ハイブリッドXS」に車体色「シフォンアイボリーメタリック2トーン」を、タフスタイル全車に車体色「クールカーキパールメタリック2トーン」を新設。従来設定の「チアフルピンクメタリック2トーン」と「ツールグリーンパールメタリック2トーン」は廃止した。

価格は138万0500円から204万4900円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • マツダ フレアワゴン タフスタイル ハイブリッドXT(2WD車)《写真提供 マツダ》
関連サービス
中古車ランキング
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ