トヨタ シエナ 2021年型のシートは3割軽量化 BASF

新車 レスポンス

BASFは9月9日、トヨタ自動車の北米の研究開発部門と協力して、2020年後半に販売予定の北米試乗向け2021年型『シエナ』の3列シートの軽量化に成功したと発表した。

旧モデルでは、3列シートに15点の鋼製部品が使用されており、重量が重かった。2021年モデルのシエナの3列シートは、すべての性能基準を満たしながら、従来シートより30%軽量で、価格競争力のあるものを実現したとしている。

BASFでは、独自の35%ガラス繊維強化材で高い衝撃性を持つポリアミドPA6グレード、「ウルトラミッドB 3 ZG 7 CRを採用することで射出成形による一体成形とし、軽量化とコスト低減の両立を図った。BASFのCAE(コンピュータ支援エンジニアリング)ツールの「ウルトラシム」も活用したという。

  • レスポンス編集部
  • トヨタ・シエナ2021年型《photo by Toyota》
  • シエナに軽量な3列フリースタンディングシートバックが初採用《写真提供 BASF》
  • CAE「ウルトラシム」で正確な解析を実施《写真提供 BASF》
  • トヨタ・シエナ2021年型《photo by Toyota》
  • トヨタ・シエナ2021年型《photo by Toyota》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ