ZF、世界初の自動運転用「4Dライダー」の量産化に向けて提携

業界 レスポンス

ZFとエヴァ(Aeva)は9月8日、世界初の周波数変調連続波(FMCW)ライダーを自動車市場に投入するために提携を結んだ、と発表した。

エヴァは2017年に設立され、米国カリフォルニア州マウンテンビューに本社を置く。アップルとニコンでエンジニアリングリーダーを務めていた2人によって設立され、自動運転車向けの次世代の感知・認知システムを開発している。エヴァは、フォルクスワーゲングループのポルシェなどから、支援を受けている。

ZFとエヴァは、車載向けとしては初の4Dライダーを自動運転市場に投入することを目指している。今回の提携では、FMCWライダーと認知技術におけるエヴァ独自のノウハウを、ZFの専門力と併せて活用する。この提携の一環として、エヴァがFMCWライダーコアのセンサー機能、パフォーマンス、アルゴリズムを担当する。ZFはすべての車載要件を満たす車載向けセンサーシステムの量産化を担当する。

エヴァの4Dライダーオンチップは、他のライダー技術と異なり、連続レーザービームを使用して、対象物から反射される波形の周波数の変化を測定する。これにより、300m以上離れている対象物の距離と瞬間速度を、高精度で同時検出することが可能になる。エヴァの4Dライダーは、他のセンサーや太陽光からの干渉もなく、長距離での性能を達成するために通常必要とされる光出力のごく一部だけで動作する。これらはすべて、これまで車載ライダーの広範な採用を遅らせてきた障壁という。

また、エヴァの技術は、最大距離と点密度の間の依存関係を打破する独自機能の点でも、FMCWの他の手法と異なる。エヴァの4Dライダーは、シリコンウエハースケールで生産されるチップ上に複数のビームを組み込む。各ビームには、最大距離で毎秒数百万ポイントを独自に測定する能力があるため、これまでにないデータ忠実度を実現し、自動運転車の安全率を大幅に向上させることができる、としている。

  • 森脇稔
  • ZFとエヴァの自動運転テスト車両《photo by Aeva》
  • エヴァの FMCW(周波数変調連続波)ライダー《photo by Aeva》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ