ソフトバンク、駐車場マッチング事業をオープンストリートへ譲渡

業界 レスポンス

ソフトバンクは、同社が運営するパーキングシェアリングサービス「ブルースマートパーキング」をオープンストリートへ10月1日付けで事業譲渡すると発表した。

オープンストリートは、ソフトバンクグループおよびJXTGグループが出資するスタートアップ企業。同社は現在、電動アシスト自転車およびスクーターのシェアリングサービス「ハローサイクリング」「ハロースクーター」を全国206の市区町村で提供している。同サービスは専用アプリで貸出およびステーションの検索・利用予約・決済までの一連の手続きができるほか、「ワンウェイトリップ(乗り捨て)方式」を採用し、すべてのステーションに返却可能。街乗りや観光などでの利用に加えて、配送サービスなどのビジネスユースでの利用も拡大している。

一方、ソフトバンクが提供するブルースマートパーキングは、ソフトバンクのIoTプラットフォームと、車両の入出庫を感知できるカメラセンサーシステムを組み合わせ、個人や企業が保有する駐車場や遊休地を有効活用できるシェアリングサービス。ドライバーは、スマートフォン用のアプリケーションを使って駐車場を検索し、利用したい日時を選択するだけで簡単に駐車場を予約できる。

ソフトバンクグループにて、モビリティシェア事業を担うオープンストリートは、今回の事業譲渡によって、主にMaaS分野でサービスを強化するほか、各種サービスとの連携強化を図り、シェアリングビジネスにおける戦略的な事業統合を目指す。

  • 纐纈敏也@DAYS
関連サービス
中古車ランキング
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ