「バギーカート」常設コースが静岡にオープン、子どもたちも楽しめる世界一遅いラジコン

モータースポーツ レスポンス

9月19日、静岡県島田市にある「お茶のさすき園」に、柴田自動車(R31ハウス)が製造する世界一遅いラジコン「バギーカート」の常設コースがオープンした。

R31ハウスは1996年、7代目(R31型)スカイラインの専門店として開業。中古車販売、チューニング、レストアなどを手がけてきた。また、2010年には店舗内にキッズコーナーとしてラジコンサーキットを運営開始。競技用ラジコンシャーシの開発を手がけるなど、ラジコン事業にも力を注いでいる。

バギーカートは子どもたちがラジコンに興味を持ってくれるよう、同社が企画・製作した、世界一遅いラジコン。同社開発のベースになるGRKグローバルスタンダードシャーシをベースに、カート風ボディや悪路も走ることができるバギータイヤを装着。さらにドライバーシートには愛らしいぬいぐるみが座る。

このバギーカートの常設コースがオープンしたのは、お茶のテーマパーク「お茶のさすき園」。30種以上のお茶を販売する他、カフェスペースでは、オリジナルスイーツやドリンクを提供。さらに子どもたちが無料で遊べるアスレチックも用意する。

今回オープンしたバギーカート常設コースには10台のマシンを用意。プロポ(送・受信機)は子どもにも扱いやすいホイラータイプを使用。利用にはポイントカードの発行が必要で、料金は3分100円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • バギーカート《写真提供 柴田自動車》
  • バギーカート《写真提供 柴田自動車》
  • バギーカート《写真提供 柴田自動車》
  • バギーカート《写真提供 柴田自動車》
  • お茶のさすき園《写真提供 柴田自動車》
  • お茶のさすき園《写真提供 柴田自動車》
  • お茶のさすき園《写真提供 柴田自動車》
関連サービス
中古車ランキング
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ