スマートアイランド推進実証調査、全国10地域で実施へ 国交省

社会 レスポンス

国土交通省は9月18日、離島に新技術を導入し、物流や交通などに関する離島の課題解決を図る「スマートアイランド推進実証調査」を全国10地域で実施すると発表した。

国土交通省では、離島地域が抱える課題解決のため、ICTやドローンなどの新技術の離島地域に実装する「スマートアイランド」の実現を推進している。この一環で、ICTなどの新技術を導入し、各離島地域が抱える物流、交通、エネルギー、医療などの課題の解決を図るため、離島を持つ地方公共団体と新技術などを持つ民間企業・団体が共同で現地実装に必要な実証調査を実施する。

2020年度は、新技術の導入に向けた実証調査を行うため、企画提案を募集し、選定した結果、異なるタイプの離島全国10地域で離島地域の課題解決を図る取り組みを実施する。

実証調査に選定されたのは東京都八丈町(八丈島)、愛知県南知多町(日間賀島など)、三重県鳥羽市(神島など)、広島県大崎上島町(大崎上島)、香川県三豊市(粟島)、長崎県新上五島町(中通島など)、長崎県五島市(福江島など)、熊本県上天草市(湯島)、大分県佐伯市(大島)島根県海士町(中ノ島)。

自動運転グリーンスローモビリティ導入実験やドローンを使った物流、小型風力発電や蓄電池によるエネルギーの地産地消などについて効果や採算性を調査する。

  • レスポンス編集部
  • 令和2年度スマートアイランド推進実証調査の例《資料提供 国交省》
  • 八丈島(イメージ)《写真出典 写真AC》
関連サービス
中古車ランキング
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ