歴史的な車両がズラリ「オースチン7と日本のモータリゼーションの夜明け展」 9月26日から開催

モータースポーツ レスポンス

自動車の黎明期を支えた名車・オースチン7と日本の自動車産業の幕開けにクローズアップした「オースチン7と日本のモータリゼーションの夜明け展」が、9月26日から名古屋市名東区のギャラリー・アウトガレリアルーチェで開かれる。

オースチン『7』は、1922年のイギリスで生まれ、第二次世界大戦が始まる1939年までに29万台を売り上げた小型車。戦前のイギリスで最も多く販売された大衆車であり、戦後は比較的安価で購入できた中古車が、モータースポーツの復興と拡大の推進力にもなった。

また、戦後の日本においても、小型自動車や軽自動車の開発に大きな影響を及ぼし、「日本版オースチン7」とも呼べるクルマも、いくつも制作された。

同展では、希少なオースチン7を中心に、そのライバルとなったクルマも併せて展示することで、日本のモータリゼーションがいかにして始まったのかを、振り返る。

展示予定車両は、オースチン7チャーミー、オースチン7クーペ、オースチン7ルビー、オースチン7レーサー、ダットサン『14型ロードスター』、ダットサン『フェートン』、オオタ号、芝浦電気工業製7、機輪内燃機製7、日本自動車製7。12月27日まで。

  • 家本浩太
  • 展示予定のオースチン7アウトガレリアルーチェ提供
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ