プジョー ジャンゴ125、創業210周年記念モデルを限定発売

モーターサイクル レスポンス

aideaは、9月26日にプジョーが210周年を迎えることを記念して、『ジャンゴ125 ABS 210周年リミテッドエディション』を同日より、21台限定で発売する。

ジャンゴシリースは、1950年代の「プジョーS55」を現代に復刻させたネオレトロスクーター。豊かで流麗なボディラインによるクラシカルなスタイルながらも、ABS、スマートフォン用電源など最新の装備を採用する。座り心地の良い前後セパレートシートは、フランス車ならではの装備。シート下には十分な収納力を備え、タンデムでの小旅行も楽々こなす。エンジンは空冷単気筒エンジンを搭載。心地よいエンジンフィーリングを演出する。

限定車は、フランス国旗を表す「青、白、赤」の3色(トリコロール)のデカールで個性と華やかさを主張する。また、赤の表皮に爽やかなホワイトパイピングを施した、210周年リミテッドエディション専用シートとバックレストを採用。座面にはダイヤキルトデザインを採用することで、プジョーブランドの品格と独自性を強調している。

価格は43万7800円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • プジョー ジャンゴ125 ABS 210周年リミテッドエディション《写真提供 aidea》
  • プジョー ジャンゴ125 ABS 210周年リミテッドエディション《写真提供 aidea》
  • トリコロール・デカール《写真提供 aidea》
  • ルージュ・シート《写真提供 aidea》
  • ルージュ・バックレスト《写真提供 aidea》
  • 210デカール《写真提供 aidea》
  • プジョー 独創と情熱の210年《写真提供 aidea》
  • Djangoデカール《写真提供 aidea》
  • 最高品質を示す「ライオン」マーク《写真提供 aidea》
  • 1890年、ダイムラー製ガソリンエンジンを搭載した四輪自動車「Type 2」《写真提供 aidea》
  • 1953年、S55《写真提供 aidea》
  • 1953年、S55《写真提供 aidea》
  • 1889年、パリ万国博覧会で、「プジョー」の名を冠した最初の自動車を披露《写真提供 aidea》
  • 1810年、フランス東部のエリモンクールを拠点に、ジャン=ピエール・プジョー、ジャン=フレデリック・プジョー兄弟による家族経営の製鉄業として、プジョーはスタート《写真提供 aidea》
  • 1898年、第1回パリ・モーターショーで、ド・ディオン・ブートン・エンジンを搭載したプジョー最初のモーターサイクルを発表《写真提供 aidea》
  • 1898年、第1回パリ・モーターショーで、ド・ディオン・ブートン・エンジンを搭載したプジョー最初のモーターサイクルを発表《写真提供 aidea》
  • 1907年、プジョー製Vツインエンジンを搭載したノートン《写真提供 aidea》
  • 1934年には、ボルドールでの耐久レースにおいて「P515」が2000kmおよび3000kmの平均最高速度、24時間走行の平均最高速度、という3つの世界記録を樹立《写真提供 aidea》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ