バス向けウイルス除去システム、ヴァレオが開発---乗用車にも展開へ

業界 レスポンス

ヴァレオ(Valeo)は9月24日、バスの車内の空気中にあるウイルスなどを除去できるシステムを開発した、と発表した。このシステムを起動させると、1回の気流サイクルで、車内に浮遊する95%以上のウイルスと、細菌やカビを除去することができるという。

ヴァレオが設計したこのモジュールは、感染源が車内か車外かにかかわらず、バスに乗車中、常に有効に作動する。このデバイスは、単独のソリューションとして使用することも、車両の空調システムに組み込むこともできる。医療用に病院施設などで使用されているものと同様のUVライトを使用しており、バクテリアや細菌に作用して、ウイルスや病原菌などの微生物を除去することができる。紫外線により、これらの微生物の拡散を防ぎ、他の消毒方法の代替として使用できるので、化学薬品の使用を避けることも可能だ。

ヴァレオは、この技術の世界的なエキスパートが提供するUVライトと、紫外線が外に広がるのを防ぐ金属製の箱「ライトラビリンス」を組み合わせた独自のソリューションを開発した。そのため、乗客は紫外線にさらされることはなく、換気ボックス内を循環する空気のみが紫外光で浄化されるという。

このヴァレオのソリューションは、ブラジルのバスメーカーが製造した車両に新車装着された。このシステムは、すべてのタイプとサイズのバスに搭載でき、すべての気象条件に対応するように設計されている。ヴァレオは、このシステムを欧州、アメリカ、アジアの各市場に投入する予定だ。ヴァレオの空気清浄機は、既存の換気システムに組み入れたり、空調システムのない車両に後付けしたりすることもできるため、すでに路上を走行している車両にも搭載可能。ヴァレオは現在、この技術を乗用車に展開することにも取り組んでいる、としている。

  • 森脇稔
  • ヴァレオのバス向けウイルス除去システム《photo by Valeo》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ