三菱ふそうバス製造、検収レーンとショールームを兼備する「ウェルカムセンター」新設

業界 レスポンス

三菱ふそうバス製造(MFBM)は、本社・工場の敷地内にショールームと検収レーンを兼備した「ウェルカムセンター」を新設し、9月29日より稼働を開始した。

ウェルカムセンターは、大型バスを5台同時に検収可能にする5つのレーンに加えて、大型観光バスを2台展示できるショールームを併設した。5つのレーンは仕切りを可動式にすることで、秘匿性を確保。納車前に顧客とともに車両確認作業を行う検収設備をリニューアルすることで、より正確な検収作業と顧客満足度の向上を図る。また、MFBM正面入り口道路に面したガラス張りのショールームには、完成車両を展示。ふそうブランドと企業認知度向上を目指す。

MFBMは、1950年にバスを製造する呉羽自動車工業として操業を始めてから今年で70周年。現在、約700人の従業員が働いており、ふそうブランドの大型観光バス『エアロクィーン』『エアロエース』、大型路線バス『エアロスター』、小型バス『ローザ』を製造し、国内外に展開している。

MFBMの藤岡佳一郎社長はウェルカムセンターの新設について、「最新鋭のウェルカムセンターは、ふそうバス事業の先進的な設備となります。大規模な投資を行い、今回の完成につなげたことは、地域のみなさまと従業員、そしてバス事業に対する未来を見据えたコミットメントです」と語っている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ウェルカムセンター外観《写真提供 三菱ふそうトラック・バス》
  • 検収レーン《写真提供 三菱ふそうトラック・バス》
  • ショールーム《写真提供 三菱ふそうトラック・バス》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ