複雑化する車載ソフトウェアの開発、富士通が支援する基盤を発売

業界 レスポンス

富士通は9月29日、自動車に搭載されるソフトウェア開発を支援する車載ソフトウェア開発基盤「フューチャーモビリティアクセラレーターデザインコラボレーター」をモビリティ業界向けに10月1日から販売開始すると発表した。

新製品は、車載ソフトウェア設計部門の設計情報や、ハードウェア部品の構成情報などを、AUTOSARやReqIFなどの業界標準に対応した連携フォーマット形式で収集する。収集された設計情報を、車種、型式、部品、ECUといった軸で設計情報を構造化する。

自動車開発での開発プラットフォームとしてハードウェア・ソフトウェアの組み合わせ管理機能など、様々な価値を提供する。コラボレーション開発の促進による開発プロセス上流での品質作り込みを支援するほか、ソフトウェアや通信の設計情報を起点とした設計変更時の影響分析業務を省力化する。

2023年度末までに売上20億円を目指す。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ