デンソーのカーナビ連携アプリ「NaviCon」、対応カーナビが1000モデル突破

テクノロジー レスポンス

デンソーは、カーナビゲーション連携アプリ「NaviCon(ナビコン)」に対応するカーナビの累計出荷モデル数が1000機種を突破したと発表した。

NaviConは、スマートフォンで探した目的地をカーナビにワンタッチで転送し、設定できるスマホ用無料アプリ。多彩な他社製アプリとも連携しており、別のアプリで探したスポットもNaviConを介してカーナビへ送信できる。

デンソーは、2008年よりNaviConの開発を開始。2010年に自社製のカーナビに初めて搭載し、2012年より他社製のカーナビでも採用が始まった。その後も順調に採用数を伸ばし、2020年8月末時点で1026モデルに採用され、約2500万台のカーナビがNaviConに対応。また、海外でも「NaviBridge」という名称で世界58か国にリリースしている。

2020年6月30日にリリースした最新バージョン6.0では、デザインやユーザーインタフェースをリニューアルするとともに、地点情報を他のユーザーと共有できる機能を追加。また、紙面のQRコードからNaviConと連携できる雑誌なども続々と販売されている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • NaviCon/NaviBridgeのリリース地域《写真提供 デンソー》
  • 雑誌イメージ図《写真提供 デンソー》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ