日産、「おにぎりアクション」に3年連続で協賛 アフリカ・アジアの子どもたちに温かい給食を

業界 レスポンス

日産自動車は、食料問題の解決に取り組むTABLE FOR TWOインターナショナル(TFT)が10月1日より開始した「おにぎりアクション2020」の活動に今年も協賛すると発表した。

おにぎりアクションは、国連が定めた「世界食料デー」を記念してTFTが開始。「#OnigiriAction」のハッシュタグとともに、おにぎりにまつわる写真を特設サイトまたはSNSに投稿することで、1枚につき5食分の給食をアフリカ・アジアの子どもたちに届ける。この活動は2019年の「ジャパンSDGsアワード」にて「SDGs副本部長(外務大臣)賞」を受賞。今年はコロナ禍という特別な状況下での開催のため、参加企業同士のつながりを表現するSNS投稿をはじめとして、対面でのイベントではなく、安全に十分留意した上での「家族や大切な人とのつながり」を意識した活動を行う。

おにぎりアクションに賛同した日産では、さらに『セレナ』の独自ハッシュタグ「#乗ってるあいだも思い出に」を追加して投稿すると、通常の2倍となる10食分の給食を届けるという独自の取り組みを実施する。また、SNSでは、ダウンロード可能な折り紙でおにぎりを作れる自宅で楽しめるコンテンツや、日産販売店の来店客にも参加してもらえるよう、「セレナ&おにぎりマスク用シール」を配布するなど、全国の日産が一丸となってこの取り組みを応援する。

日産のおにぎりアクションへの協賛は、2018年から開始して今年で3年目。セレナの独自ハッシュタグによる投稿により、アフリカ・アジアの子どもたちに届けた給食数は、2018年と2019年の2年間で約11万食(おにぎりアクション全体では265万食)となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 日産自動車、3年連続で「おにぎりアクション」に協賛《写真提供 日産自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ