ブリヂストン、全日本ロード選手権などへのワンメイクタイヤ供給を2023年まで継続

モータースポーツ レスポンス

ブリヂストンは、日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)主催の全日本ロードレース選手権および地方選手権のST600クラスにおけるワンメイクでのタイヤ供給を2023年シーズンまで継続すると発表した。

全日本ロードレース選手権は、国内最高峰の二輪ロードレースシリーズだ。使用される車両は市販用バイクをベースとし、改造範囲が制限されていることから、公道を走行する状態に近いマシンで競われることが特徴。タイヤがワンメイク制となった2015年から、ブリヂストンの二輪用タイヤ「BATTLAX」が指定タイヤに選定され、タイヤ供給を行っている。

供給タイヤはドライ用が「BATTLAXレーシングR11 NHS」、ウェット用が「レーシングBATTLAX W01」。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ