クラリオン、業務車両向けスマートフォン連携ディスプレイオーディオ発売へ

テクノロジー レスポンス

フォルシアクラリオンは、法人ユース車両、レンタカー向けスマートフォン連携ディスプレイオーディオの新製品「TY-1000A-B」を11月より発売する。

TY-1000A-Bは、フルフラットタッチパネルを採用する業務ユース向けディスプレイオーディオ。iPhoneやAndroidスマートフォンとの接続で、ナビゲーションやハンズフリー通話など、「Apple CarPlay」「Android Auto」の各機能を表示し操作できる。

また、車両信号やジャイロセンサーから自車位置を測定する自立航法機能を搭載。同機能で得た位置情報をスマートフォンに送信することで、電波が届きにくいトンネル内部でも高精度の自車位置測位性能を実現する。

レンタカー利用の観光客向けに、日本語・英語・中国語・韓国語に対応する「4ケ国語表示」機能を搭載。ラジオやUSBオーディオ、設定メニューなども多言語に対応。また、法人ユース車両、レンタカーでの長時間での使用を想定してCDドライブやSDカードスロット等消耗部品を極力減らし、耐久性重視の設計としている。

価格はオープン。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • フォルシアクラリオン 法人ユース車両/レンタカー向けスマートフォン連携ディスプレイオーディオ「TY-1000A-B」《写真提供 フォルシアクラリオン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ