ダイハツ工業、福祉介護共同送迎サービスの実証に向けて自治体などと連携協定を締結

業界 レスポンス

香川県三豊市、社会福祉法人三豊市社会福祉協議会、ダイハツ工業は、福祉介護領域における移動に係る次世代モビリティサービスにおいて連携、2020年内に福祉介護共同送迎実証事業の実施を計画している。3者は5日、連携協定を締結(調印)した。

本事業は7月31日に、経済産業省の「令和2年度『地域新MaaS創出推進事業』」に採択され、先進パイロット地域として実施される。また三豊市とダイハツは、2019年10月15日に、福祉介護領域における次世代モビリティサービスに関する連携協定を締結している。

今回の「福祉介護共同送迎実証事業」プロジェクトは、AI(人工知能)やIoTなど、先端技術を活用した運行サービス(福祉介護型MaaS)によって福祉介護事業に関わる人々の負担を軽減するとともに、高齢者らがいつまでも自分らしく豊かに日常生活を送ることができるまちづくりをめざす。

プロジェクトでは、三豊市山本地域・財田地域において、参画する介護施設5施設がそれぞれ単独で行なっている送迎業務を集約し、地域一体で乗り合う共同送迎モデルの実証実験を行なう。また、送迎車両の空き時間を有効活用した新たな移動ニーズの可能性を探る。4台の運行車両で5施設の利用者のうち、延べ600人ていどの輸送を想定。実証事業の期間は11月〜11月末を予定している。

  • 高木啓
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ