「ダイナミックプライシング」実用化へ、EV充電の実証事業 三菱自動車など開始

エコカー レスポンス

三菱自動車と電力小売事業を展開するMCリテールエナジーは、ダイナミックプライシング実用化に向けたEV・PHEV向け充電調整の実証事業を10月より開始。参加モニターを募集する。

将来、EV・PHEVの電動車普及により充電時間の集中が生じると電力へ負荷増大が懸念される。今回の実証事業は、電力需給状況等に応じた電気料金が変動するダイナミックプライシングにより、電動車を活用した効率的な電力システムの構築が狙い。経済産業省が環境共創イニシアチブを通じて公募する実証事業「令和2年度 ダイナミックプライシングによる電動車の充電シフト実証事業」に採択されたことを受け、実施する。

実証事業では、三菱自動車のEV・PHEVオーナーをモニターとして募集する。対象は東日本三菱自動車販売および西日本三菱自動車販売の販売エリア(岡山県、島根県、離島を除く)で、戸建て居住者住宅。日本卸電力取引所(JEPX)の電力量単価で最も安い時間帯の4時間をEV・PHEVへの充電無料時間として、前日にモニターへメールにて通知し、EV・PHEVへ充電してもらう。モニター申込みに関する問い合わせはMCリテールエナジーまで。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 実証事業のモニターの流れ《写真提供 三菱自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ