タイヤ空気圧管理ソリューションサービスの実証実験を開始 住友ゴムなど

テクノロジー レスポンス

住友ゴム工業は、新出光などと協業し、タイヤの空気圧や温度をリモート監視する空気圧管理ソリューションサービスの実証実験を開始した。

タイヤの空気圧不足はパンクの原因の一つであるとともに、燃費や走行性能の低下にもつながることから、定期的なメンテナンスが重要だ。

今回開始した実証実験は、タイヤの空気圧や温度をリモート監視できるサービスを福岡県、宮崎県および鹿児島県で行い、その効果を検証するもの。対象車両は、新出光の車両リース事業「ラクのり」の車両30台およびイデックスオートジャパンのレンタカー事業「バジェットレンタカー」の車両500台だ。

タイヤに装着したTPMS(タイヤ空気圧監視システム)で得た情報はクラウドを通じて確認でき、メンテナンス作業の負荷を軽減するほか、適正な空気圧維持によって安全・安心な走行に貢献。また、ラクのり契約者には最新の測定値を専用マイページで閲覧できるようにする。

住友ゴムでは、実証実験により、空気圧管理ソリューションサービスの有効性、メンテナンス時間短縮、作業負荷軽減、作業ミス防止等の具体的な効果を検証し、安全性、経済性の向上に貢献するビジネスモデル構築を図っていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ