オンデマンド対応サイバーナビ、2020年冬モデル発売へ ドコモLTE通信でYouTubeも簡単再生

テクノロジー レスポンス

パイオニアは、LTE通信を活用して高画質・高音質な映像コンテンツを楽しめるオンデマンド機能対応カーナビゲーション カロッツェリア「サイバーナビ」2020年冬モデルを11月より発売する。

新製品は、NTTドコモの車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」に対応する。付属または別売のネットワークスティックを接続すれば、ドコモのLTE通信を定額で制限なく利用でき、サイバーナビがWi-Fiスポットとして機能。同乗者は通信量を気にすることなくスマートフォンやタブレットなどを使ってインターネットを楽しめる。また、ストリーミングビデオ機能を使ったオーディオソースとしてYouTube動画を再生できるほか、「Amazon Fire TV Stick」を接続すれば、映画やドラマ、バラエティ、スポーツ、アニメまで幅広いジャンルのコンテンツも楽しめる。

さらに映像・録画コンテンツを車内で手軽に遠隔再生できる「レコーダーアクセス」機能の対応機器に、新たにNTTぷららの「ひかりTV対応チューナー」と、ドコモの「ひかりTV for docomo対応チューナー」を追加。専用アプリをインストールしたスマートフォンと自宅のブルーレイレコーダーやチューナーをペアリングし、そのスマートフォンを『サイバーナビ』とペアリングすれば、DVDなどにダビングすることなく車内で録画番組のストリーミング再生を楽しるほか、遠方へ出かけた際に自宅エリアの放送局に加え、BS放送、CS放送の視聴も可能だ。

また、ナビ連動型の2カメラドライブレコーダー「VREC-DS800DC」にも対応。利便性や安全性も高めている。

ラインアップは9型または8型大画面のラージサイズ、7型画面の200mmワイドと2Dメインユニットの4タイプで、それぞれネットワークスティックセットモデルと別売モデルを用意する。実勢想定価格(税別)は15万円から21万円前後。なお、ネットワークスティックセットモデルを購入すると、docomo in Car Connectを1年間無料(通常1万2000円)で利用できる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • クルマのオンライン化でさらに便利で充実したカーライフを実現《写真提供 パイオニア》
  • ひかりTV対応チューナー「ST-4500」《写真提供 パイオニア》
  • ドコモテレビターミナル02《写真提供 パイオニア》
  • ナビ連動2カメラドライブレコーダーに対応《写真提供 パイオニア》
  • ナビ連動2カメラドライブレコーダーに対応《写真提供 パイオニア》
  • マスターサウンドリバイブ操作画面《写真提供 パイオニア》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ