自動運転農業機械の開発を加速 NVIDIAとクボタが提携

テクノロジー レスポンス

NVIDIAは10月6日、クボタがNVIDIA のエンドツーエンドAIプラットフォームを採用し、農業機械の自動運転の開発を加速するために協業することで合意したと発表した。

クボタは国内農機メーカーに先駆けて、スマート農業の本格的な研究を開始しており、「農機の自動化・無人化による超省力化」や「データ活用による精密農業」の普及を目指している。

クボタはこれまで、コンピュータービジョンの実装で自動運転・無人化農機を開発してきた。今後は、天候や生育状況などのデータから適切な農作業を判断し、これまで実現できていない収穫などの作業まで適時に実行に移す完全無人農機を実現するため、今後はNVIDIA のエッジデバイス向けの組み込みAIプラットフォーム「Jetson」を活用して研究開発を進める。

Jetsonは高い計算処理能力、精度、電力効率に優れ、高耐久設計のため、農業機械の過酷な環境に求められる要件を満たす。エッジ側で高精細なスクリーンスティッチングや、エッジ検出において、リアルタイム、スムーズな処理が求められる中、クボタはJetsonの活用が最適と評価した。

クボタは同一のコンピューティングアーキテクチャを持つNVIDIAのエンドツーエンド AIプラットフォームを学習からエッジまで導入し、開発を効率化することで自動運転農業機械の短期間での市場投入を目指す。

  • レスポンス編集部
  • クボタ・コンセプトトラクタ《写真撮影 クボタ》
  • クボタが開発中の自動運転農業機械《写真提供 NVIDIA》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ