パイオニア、連続録画や上書き保存に強いドラレコ向けmicroSDメモリカード発売へ

テクノロジー レスポンス

パイオニアは、連続録画や上書き保存に強いドライブレコーダー向けのmicroSDメモリカード4種類(128GB、64GB、32GB、16GB)を今冬より発売する。

近年、社会問題になっているあおり運転をはじめ、交通事故や交通トラブルの際の映像を記録する用途で、ドライブレコーダーの需要が高まっている。同時に、高画質や2カメラ撮影など、高性能モデルへのニーズも増えており、それに伴いSDカードの劣化が原因の録画トラブルも発生している。

今回発売するSDカードは、メモリセルの多層構造によって大容量化を実現する「3D NAND型フラッシュメモリ」を採用。データの品質を確保しながらストレージ容量を増やすことができ、ドライブレコーダー特有の書き換えに強く、耐久性に優れている。また、広間隔のメモリセルを採用しているため、エラーの発生頻度が少なく、データ転送の高速化を実現している。

電源の瞬断対策が施されているため、事故などによる突然の電源停止に強いだけでなく、激しい温度変化を想定した耐寒・耐熱試験もクリア。さらに、振動や衝撃、防水などにも対応した堅牢な設計で、車室内でも安心して使用できる高い信頼性を備えている。

新製品は駐車監視や長時間録画など、多様化するドライブレコーダーの使用シーンや使用頻度に合わせて選べる4種類をラインアップ。想定実勢価格(税別)は128GBが1万3000円前後、64GBが7000円前後、32GBが4000円前後、16GBが3000円前後。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 3D NAND型フラッシュメモリ採用により、高い耐久性とデータ転送の高速化を実現《写真提供 パイオニア》
  • ニーズに応じて選べる幅広いラインアップ《写真提供 パイオニア》
  • 厳しい車室内環境でも安心して使用できる高い信頼性《写真提供 パイオニア》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ