キャンピングカーで災害現場を支援、「バンシェルター」が東京都トライアル発注認定制度に採択

社会 レスポンス

カーステイは10月12日、災害・非常事態時にキャンピングカーやキャンピングトレーラーなどをインフラとして貸し出すプロジェクト「バンシェルター」が、東京都の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)緊急対策 新事業分野開拓者認定制度(東京都トライアル発注認定制度)に採択されたと発表した。

東京都トライアル発注認定制度は、都内中小企業者が開発した新型コロナウイルスなどの感染症拡大防止に資する新規性の高い優れた新商品やサービスの普及を支援するために定められた制度だ。新規性や独自性など、東京都が定める基準を満たす新商品などを認定してPRなどを行うとともに、その一部を試験的に購入し、評価。都内中小企業の販路開拓を支援するとともに、新商品などの普及拡大により、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図る。

バンシェルターは災害時、キャンピングカーや車中泊仕様の車のカーシェア「バンシェア」を主なプラットフォームとして、遊休しているレジャー用のキャンピングカーを、医療や災害現場へ派遣し、医療従事者や災害支援スタッフ等の休憩や事務作業スペースとして、無償や有償で提供するもの。今回、バンシェルターが災害時の“動くインフラ"として役立つことから、同制度に申請し、東京都より採択された。キャンピングカーなど車中泊仕様の車は、新たなインフラを建てることなく、ホテルのような滞在空間を迅速に用意でき、3密や不特定多数の人との接触回避に有効である点が評価された。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • バンシェルター《写真提供 カーステイ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ