横浜ゴム、オフハイウェイタイヤ事業をグローバルで統合

業界 レスポンス

横浜ゴムは10月19日、オフハイウェイタイヤ(OHT)事業の強化に向け、グループ全体のOHT事業をグローバルで統合していくと発表した。

今回の統合は同社のOHT事業とグループ会社であるATG(アライアンスタイヤグループ)を対象とし、新組織「Yokohama Off-Highway Tires」を立ち上げ、統合後のOHT事業の経営は現在のATGが主体となり、東京、ボストン(米国)、アムステルダム(オランダ)、ムンバイ(インド)の4拠点を中心に全世界で事業を展開する。

統合の第一歩として2021年1月1日に米国グループ会社であるYTC(ヨコハマタイヤ・コーポレーション)のOHT事業をATGの米国グループ会社であるATA(アライアンスタイヤ・アメリカ)に統合し、ATAの社名を「Yokohama Off-Highway Tires America Inc.」に変更する。その他の地域の統合計画は今後詳細を協議していく予定だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ