アルプスアルパインと東海理化、HMI領域で製品共同開発へ

業界 レスポンス

アルプスアルパインと東海理化は10月19日、製品競争力の向上および開発力強化を目的として、HMI領域の製品を共同開発等することで基本合意したと発表した。

現在、自動車業界ではCASEやMaaSへの動きが加速し、自動車もこれまでの単純な移動手段から、モビリティライフを構成する一つのツールへと変化しつつある。移動時では、ドライビングの操作性に加えて、安心・快適な移動空間とする対応が必要になってきた。さらに、乗車前から目的地へ到着した後までをシームレスにつなぐなど、カーエレクトロニクスを取り巻く環境は、従来の枠を超えたソリューションが求められている。

これらのニーズに対応すべく、アルプスアルパインと東海理化は、それぞれが持つ技術・製品力を活かした次世代HMI関連製品を中心とする製品開発等を共同で取り組むことで合意。開発効率を高めるとともに、顧客への提供価値をより高めることを目指す。また、両社が持つ人とクルマをつなぐ技術を組み合わせていくことで、新たなる価値の創出にも取り組んでいく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ