「ジープウェイブ」導入、全車種にメンテナンスプログラム標準付帯…特典も多数

業界 レスポンス

FCAジャパンは、オーナーロイヤリティ向上プログラム「Jeep Wave(ジープウェイブ)」を導入、11月2日よりジープ全車種にメンテナンスプログラム標準付帯する。

ジープウェイブでは、これまで8万8000円から18万4800円で別途申し込みを受け付けていた「メンテナンスフォー・ユー」を提供。11月2日よりジープ正規ディーラーでジープを購入すると、新車購入後3年間、法定点検およびメーカー指定部品交換を伴うメンテナンスを追加費用無しで対応する。

このほか、オーナーフォトコンテスト参加と参加者へのフォトブックプレゼント、オーナー向け特別イベントへの招待、オーナー向け特別マーチャンダイジング提供、ジープ公式Webマガジン「Real Style」でのオーナー取材など、さまざまな特典を用意。10月21日よりジープオフィシャルウェブサイト内にオーナー限定会員サイトを新設し、いち早く情報を発信していく。

ジープウェイブは、米国では2015年に試験的に開始され、既に54万人のアクティブオーナーが存在。日本への導入は、米国以外の海外市場としては初となる。

なお、FCAジャパンではジープウェイブの標準付帯に伴い、グランドチェロキーを除く全モデルの価格を改定。レネゲードは6万円、ラングラーは9万円、コンパスは7万円、チェロキーは10万円のアップとなる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ