ダイハツ、レクサス/トヨタを抑え初の総合トップ…日本自動車耐久品質調査

業界 レスポンス

J.D.パワージャパンは10月21日、2020年日本自動車耐久品質調査の結果を発表。ダイハツがブランド別ランキングで初の総合トップとなった。

調査は、新車購入後、37〜54か月経過したユーザーを対象に、「外装」「走行性能」「装備品/コントロール/ディスプレイ」「オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーション(ACEN)」「シート」「空調」「内装」「エンジン/トランスミッション」の8カテゴリー、177項目にわたって不具合経験を聴取したもの。すべての不具合項目は車100台当たりの不具合指摘件数(Problems Per 100 vehicles=PP100)として集計、数値が小さいほど品質が高いことを示す。

調査結果によると、総合不具合指摘件数は業界平均で62PP100、前年比−10ポイントの改善となった。最も品質改善が進んだ分野は「エンジン/トランスミッション(−2.4ポイント)」。具体的な項目としては「アイドリングストップ機能の不具合」で−0.6ポイント、「AT/CVT‐変速中のもたつき/シフトタイミングが悪い」で−0.4ポイントの改善となった。その他の分野では「外装(−1.9ポイント)」、「内装(−1.8ポイント)」での改善が大きい。

またブランド別では、調査対象となった14ブランドのうち、12ブランドで昨年に比べ不具合指摘件数が減少し、品質改善が進んでいる。中でも−10ポイント以上改善したブランドは7ブランドで、特にマツダ(−24ポイント)、ダイハツ(−19ポイント)、BMW(−14ポイント)は品質改善が大きい。

ブランド別ランキングでは、ダイハツ(54PP100)が初の総合トップ。2位は同点(55PP100)でレクサスとトヨタだった。セグメント別ランキングトップは、軽自動車がダイハツ『ムーヴキャンバス』、コンパクトがトヨタ『パッソ』、ミッドサイズは同点でトヨタ『カローラ』とスバル『レヴォーグ』、ミニバンがトヨタ『エスティマ』だった。

また今回の調査では総合的な品質に対する評価についても10点満点で測定。9点または10点と評価した層に、「(次回も)絶対にまた同じメーカー(ブランド)の車を買う」と回答した割合をみた。今年8月に発表した日本自動車初期品質調査(IQS)でも同様に、次回の購入意向について測定しているが、新車購入後2〜9か月のユーザーを対象にしたIQSでは26%だったのに対して、新車購入後37〜54か月のユーザーを対象にした本調査では30%となり、より高い割合となっている。購入から長期間が経過しても品質に対して高い満足度を得ていることは、ブランドロイヤルティにより大きく影響するようだ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 2020年日本自動車耐久品質調査(ブランド別ランキング)《写真提供 ジェイ・ディー・パワー ジャパン》
  • 2020年日本自動車耐久品質調査(セグメント別ランキング トップ3)《写真提供 ジェイ・ディー・パワー ジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ