新明和、GVW22トン車級ダンプトラックの新モデル発売---最大積載量11トン以上で登録可能

業界 レスポンス

新明和工業は、GVW22トン車級ダンプトラックに新たに高積載モデルを追加し、10月27日より発売。ラインアップの強化を図る。

新モデルは新開発の4段伸縮テレスコピックシリンダを採用したダンプ機構とハーフパイプ形状ボデーの採用により架装物の軽量化に成功。床板6mm、その他煽りパネル4mmの板厚でも、従来モデルでは困難だった最大積載量11トン以上での登録が可能になった。また、テールゲートには積載物の積込み時に発生する傷を極小化するテールゲート庇を標準装備。荷台の清潔性と長寿命化を図った。

新形状のハーフパイプボデーは、低床化も同時に実現。従来モデルと比べ、200mm以上の低床化に成功し、走行安定性が向上した。また、排出時の荷の動きが荷台中央に集まりやすくなるため、ダンプ時安定性の向上にも効果を発揮する。

さらに安全棒やダンプレバーロック、各軸部へのグリスアップを容易にする集中給脂装置、運転席内で積載量を確認できる同社オリジナルのデジタル自重計を標準装備。安全・安心の装備を充実させた。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ