10月の新車総販売は29.2%増に…前年の反動で1年1か月ぶりプラス

業界 レスポンス

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が11月2日に発表した10月の新車販売統計(速報)によると、総台数は前年同月比29.2%増の40万6851台となった。前年の10月が消費税増税で大きく落ち込んだ反動が出た。

ただ、一昨年の10月(41万8987台)との比較では約3%少ない水準に戻しており、コロナ禍による販売減からの回復も着実に進んいる。総台数のうち登録車は31.6%増の25万3304台と大幅に伸ばし、1年1か月ぶりのプラスとなった。

乗用車メーカーのブランド別では、三菱自動車(16.6%減)を除く全社が増加した。とくに、『ヤリスクロス』や『ハリアー』といった新型SUVなどが好調なトヨタ(レクサス含む)は37.7%増と市場を上回る伸びとなった。登録車市場に占めるシェアは55.8%と過半数に達した。

また『フィット』などが高水準のホンダも44.0%増と大きく伸ばした。新モデル『キックス』を投入している日産(10.8%増)、同様の『レヴォーグ』を擁すスバル(16.6%増)も回復ぶりを示した。

一方、軽自動車は25.6%増の15万3547台で、1年1か月ぶりのプラスとなった。メーカー別では、ダイハツ(41.3%増)など全社が増加し、スズキ(7.3%増)を除く7社が2ケタの伸びを記録した。販売シェはダイハツが35.7%で3か月ぶりに首位となった。2位に後退したススキは29.7%だった。

  • 池原照雄
  • スバル・レヴォーグ《写真撮影 雪岡直樹》
  • トヨタ ヤリスクロス HYBRID Z(2WD)《写真提供 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ