トヨタ スープラ をオープン化、「エアロトップ」再来…SEMA360で発表へ

新車 レスポンス

トヨタ自動車の米国部門は11月2日、『GRスープラ・スポーツトップ』(Toyota GR Supra Sport Top)を11月2〜6日にデジタル開催される「SEMA360」で初公開すると発表した。

SEMA360は、毎年11月に米国ラスベガスで開催しているSEMAショーを、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大に配慮して、完全オンラインイベント化したものだ。SEMAショーは、チューニングカー&カスタマイズカーの一大イベントであり、日本の「オートサロン」とドイツの「エッセンショー」と並んで、世界三大チューニングカーショーと呼ばれている。

トヨタ自動車の米国部門は、このSEMA360において、GRスープラ・スポーツトップを初公開する予定だ。GRスープラ・スポーツトップは、『GRスープラ』をベースに、脱着式の「スポーツルーフ」を備えたオープンモデルになる。

このスポーツルーフは、3代目(日本では初代)スープラ(A70型)、4代目(日本では2代目)スープラ(A80型)に用意されていた「エアロトップ」のように、ルーフの頭上部分だけを取り外すことができ、オープン走行が楽しめる仕様となる。

なお、トヨタ自動車の米国部門は、GRスープラ・スポーツトップの製作過程を紹介した予告映像を、公式サイトを通じて配信している。

  • 森脇稔
  • 歴代トヨタ・スープラの北米仕様《photo by Toyota》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ