モリタ、電動アシストホースカーを発売…円滑な消火活動を支援

業界 レスポンス

モリタは、加納式ホースカーの「電動アシストホースカー E-carry01」を開発し、11月より販売開始する。

ホースカーとは、消火活動の際に使われるリヤカー。ポンプ車に搭載され、消火活動の時にホースの移動や延長を円滑に行えるように使用される。

電動アシストホースカー E-carry01は、スロットルなどの操作は不要で、従来の手動式ホースカー同様、引くだけで自動制御されたインホイールモーターが駆動し、牽引力をサポートする。また、操作パネルで電動モードに切り替えれば、電動式ホースカーとして使用できる。

バッテリーには、高性能リチウムイオン電池を採用し、平地で最大4時間の連続走行が可能。大きさは従来の手動式と変わらず、車両に積載する場合の積載スペースに変更はない。また、現在使用している手動式のホースカーに電動アシスト装置を搭載することもできる。

価格(税別)は185万円より。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ