DIYタイヤ交換、ジャッキ倒れに要注意…スタッドレスのシーズン

テクノロジー レスポンス

JAF(日本自動車連盟)青森支部は、これから冬用タイヤへの交換時期を迎えることから、自分でタイヤ交換を行う際の「ジャッキ倒れトラブル」への注意を呼びかけている。

昨年の同時期(2019年11月1〜30日)、青森県内でJAF救援要請のあったジャッキ倒れトラブルは20件発生している。タイヤを外した状態でジャッキが倒れてしまうと、車体にダメージが負うばかりではなく作業者自身が怪我をしてしまう可能性もある。雪も降り始め、冬用タイヤへの交換を考える人が増えることから、JAFでは作業の注意ポイントを提示し、注意を促している。

タイヤ交換作業は、まず、クルマの取扱説明書を読み、記載事項をしっかり確認することからはじまる。サイドブレーキは必ずかけ、タイヤに輪止めを設置。そして取扱説明書に記載してある、指定されたジャッキアップポイントにジャッキをしっかりかける。

重要なのは、傾斜のない平坦で、かつ舗装された安全な場所で作業すること。自宅駐車場等は、緩やかな傾斜や勾配が付いている場合があるため、「ジャッキ倒れトラブル」には注意が必要だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ