「あおり運転の疑い」を検知、ドラレコテレマティクスサービスに機能追加へ 三井住友海上

テクノロジー レスポンス

三井住友海上火災保険は、フリート契約向けドライブレコーダー・テレマティクスサービス「F-ドラ」に、従業員の「あおり運転の疑い」を検知する機能を2021年1月より追加する。

2020年6月、道路交通法が改正され、あおり運転が厳罰化された。従業員があおり運転をした場合、企業として免許取消等による運転者(労働力)の減少や風評被害等を受けるリスクがある。今回、三井住友海上とJVCケンウッドは、安全運転取組を推進したいという企業ニーズに応えるため、従業員の運転が「あおり運転」と受け取られないよう、注意喚起を行う新機能を開発した。

新機能は、三井住友海上および専用ドライブレコーダーを共同開発したJVCケンウッドの両社で開発したもの。専用ドライブレコーダーのADAS(先進運転支援システム)が、一定速度以上で走行し、前方車両との車間距離が継続的に短い状態となっている運転を「あおり運転の疑い」として検知。専用ドライブレコーダーからドライバーに注意喚起を促すアラートを発信する。また、企業の管理者は、専用サイト上で、その発生事実と映像を確認。専用ドライブレコーダーから同サイトに検知した動画も送信されるため、実際の映像を確認しながら運転者に適切な指導を行うことができる。

なお、新機能の追加によるサービス料の変更はなく、1か月あたりのサービス料(税別)は現行通り、スタンダードプランが1500円/1台、シンプルプランが1300円/1台。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ドライブレコーダーテレマティクスサービス「F-ドラ」《画像提供 三井住友海上火災保険》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ