スマート農業のを実現へ ボッシュとBASFが合弁会社を新設へ

テクノロジー レスポンス

ボッシュとBASFの子会社であるBASFデジタルファーミングは11月10日、スマート農業ソリューションを世界的に展開するため、折半出資の合弁会社を設立することに合意した。2021年の第1四半期にケルンを拠点に新会社が設立する。

ボッシュは、ハードウェアとソフトウェア、デジタルサービスを合弁会社に提供する。「ザルビオ」デジタルファーミングソリューションを持つBASFデジタルファーミングは、ほ場ごとの状況が自動、エイアルタイムで把握可能となる農学的意思決定エンジンを提供し、これにより雑草管理を容易にする。

作物生産の最適化を目指すデジタルプラットフォーム「ザルビオ」によって実現されるもので、持続可能な方法で作物を栽培する方法について、各ほ場に即したアドバイスを生産者に提供する。

両社の専門知識とハードウェア、ソフトウェアの技術を組み合わせることで、生産者はデジタルソリューションの恩恵をよって簡単、便利に享受できるようになるとしている。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ