コンチネンタル、新CEOを任命…12月1日付けで就任

業界 レスポンス

コンチネンタル(Continental)は11月12日、次期CEOにニコライ・セッツァ氏を任命した、と発表した。

同氏は、健康上の理由で11 月30日付で辞任するエルマー・デゲンハート現CEOの後任として、12月1日付けで新CEOに就任する。

ニコライ・セッツァ氏は、ドイツとフランスで工学技術管理を専攻した後、1997 年にコンチネンタルに入社した。コンチネンタルでは現在までに、23年間の豊富なキャリアを持つ。

同氏は、ドイツ国内外での開発や営業における経験を経て、2009年3月にドイツ・ハノーバーに本部を置く乗用車タイヤ事業部長に就任した。

2009年8月からは、コンチネンタルの取締役に昇格。2011年8月には、乗用車タイヤ・商用車タイヤの両事業を含むタイヤ部門長、2015年5月から兼任業務として企業購買を統括している。

2019年4月、同氏はオートモーティブ・グループに異動した。ここでは新設されたオートモーティブ役員会の代表として、オートモーティブ事業分野の統一戦略の維持を担っており、今後もオートモーティブ役員会代表を務める、としている。

  • 森脇稔
  • コンチネンタルの次期CEO、ニコライ・セッツァ氏とエルマー・デゲンハート現CEO《photo by Continental》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ