マツダ CX-5 次期型、ライバルはBMW…新開発プラットフォームに直6搭載

モータースポーツ レスポンス

『ベストカー』12月10日号

発行:講談社ビーシー / 講談社

定価:420円(本体382円+税)

『ベストカー』12月10日号の巻頭SUPER SPY SCOOPは、マツダのSUV、『CX-5』次期型の全貌だ。マツダの新車戦略と合わせて解説する。記事によると時期CX-5は新開発プラットフォームを採用し、市場セグメントにも変更があるようだ。

さらに、『マツダ6』にスポーツモデル設定、次期『マツダ2』にロータリー搭載、と、なかなか刺激的なコンテンツだ。

SUPER SPY SCOOPの次、特集は「日産フェアレディZ / 51年の歴史と未来」だが、11月発売のタイミングではもういいかな、という感じ。同じ未来なら、トヨタのFCV、次期『MIRAI』 の試乗レポートが、車も記事も力が入っている。未来ではもうひとつ、日産の新型『エクストレイル』についても情報がある。

気になる見出し……●マツダの近未来●日産フェアレディZ / 51年の歴史と未来●新型MIRAI プロトタイプ試乗●これが新型エクストレイル!●販売ふたけたCLUB 傾向と対策●知られざるNEXCO高速道路技術研究所に潜入!●プリウス武井の絶版車劇場●モテドライブ講座

  • 高木啓
  • トヨタ?ミライ次期型プロトタイプ《写真撮影 雪岡直樹》
  • 日産エクストレイル現行《写真提供 日産自動車》
  • 『ベストカー』12月10日号《発行:講談社ビーシー / 講談社》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ