パナソニック、欧州で車載用電池事業の本格展開へ…ノルウェー2社と提携

エコカー レスポンス

パナソニックは11月18日、ノルウェーのエクイノー、ハイドロの2社と、持続可能でコスト競争力のある電池事業を欧州で展開するため、戦略的パートナーシップに関する覚書(MoU)に署名したと発表した。

3社は、2021年夏に欧州のリチウムイオン電池市場を合同で調査し、ノルウェーで環境に優しい電池事業のビジネスモデルを模索する。電池事業では、パナソニックの先端技術を活用する方針で、欧州市場で電気自動車(EV)向けや、その他用途を対象に市場調査する予定。サプライチェーンのパートナーや電池のバリューチェーンに関して、総合的に分析し、初期の調査結果に基づいて、今後の事業展開を決定する。

パナソニックの電池事業は米国、日本、中国で展開しているが、電動車シフトが加速している欧州でリチウムイオン電池事業を拡大する方針で、今回の提携が欧州における将来の発展と成長の基盤になるとしている。

3社は今後、欧州の自動車産業と非自動車産業の潜在的な顧客に直接アプローチし、ノルウェーやEUの関係当局と競争力の確保のための調整を開始する。初期の調査結果は、2021年半ば頃に創出される見通し。

  • レスポンス編集部
  • ハイドロのカーメイ・プラント《photo by Hydro》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ