パイオニア、緊急通報機能付き通信ドラレコの一般販売開始 サブスクで提供

テクノロジー レスポンス

パイオニアは11月19日、市販ドライブレコーダー初の緊急通報機能付き通信ドライブレコーダー「ドライブレコーダー+(プラス)」の販売を同社公式オンラインサイトにて開始した。

ドライブレコーダー+は、緊急時に警察・消防へ迅速に通報できる日本緊急通報サービスの「HELPNET」サービスを利用し、JAFのロードサービスと連携する、市販のものとしては初の緊急通報機能を備えた通信ドライブレコーダー(個人向け保険特約を除く)。緊急通報機能に加え、登録した家族のLINEやメールアドレスへの緊急事態通知やAI分析による高度な安全運転支援など、ドライバーに「つながる」安心と安全をサブスクリプションサービスとして提供する。

同社は、9月30日よりクラウドファンディングサイト「マクアケ」でドライブレコーダー+の先行販売を行い、多くのサポーターから支援を得た結果、目標金額100万円を大幅に上回る実績(627%)となった。

月額料金(税別/端末・サービス利用料・通信費用込)は1カメラタイプが1980円、2カメラタイプが2480円。別途事務手数料2000円が必要。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • パイオニア 緊急通報機能付き通信ドライブレコーダー「ドライブレコーダー+」《写真提供 パイオニア》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ