MINI クロスオーバー 次期型、2023年から生産…フルEVも設定へ

業界 レスポンス

BMWグループ(BMW Group)は11月19日、次期MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)の生産を2023年から、ドイツ・ライプツィヒ工場で行うと発表した。

BMWグループは、現行MINIカントリーマンの生産を、オランダのVDLネッドカーに委託している。次期型へのモデルチェンジを機に、自社生産に切り替えることを決定した。これにより、ライプツィヒ工場は、BMWブランドとMINIブランドの両方の車両を生産するBMWグループ初のドイツ工場になるという。

また、次期MINIクロスオーバーでは、内燃エンジン搭載車と電動バージョンの両方が、ライプツィヒ工場で生産される。そのためライプツィヒ工場は、BMWグループの「e-drive」コンポーネントの生産能力の拡張に向けた投資プログラムの対象になっている。

MINIクロスオーバーの次期型には、前輪駆動と全輪駆動、高効率のガソリンとディーゼルエンジン、フルEVと、豊富な選択肢が用意される。ライプツィヒ工場では2023年から、次世代MINIクロスオーバーの生産を開始する予定だ。

BMWグループは、MINIのラインナップの再編により、同ブランドはEVとクロスオーバーセグメントへの取り組みを強化し、全世界で成長を続ける、としている。

  • 森脇稔
  • MINI カントリーマン(クロスオーバー)現行型《photo by MINI》
  • MINI カントリーマン(クロスオーバー)現行型《photo by MINI》
  • MINI カントリーマン(クロスオーバー)現行型《photo by MINI》
  • MINI カントリーマン(クロスオーバー)現行型《photo by MINI》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ