NTT西日本など、京都のニュータウンでラストワンマイルモビリティ実証実験を開始

社会 レスポンス

NTT西日本、京都府、精華町はオンデマンド型乗合バスによる「ラストワンマイルモビリティ実証実験」を、11月24日から12月18日まで京都府相楽郡精華町の精華・西木津地区(大都市近郊のニュータウン)にて実施する。

同地区では、公共交通機関で街の隅々まで自由に移動することが難しく、短距離の移動にも自家用車を利用する傾向にある。このため、特定路線での交通渋滞の発生や運転免許返納後の高齢者等の移動手段不足などが課題となっている。自宅から近隣の商業施設や医療施設などへのラストワンマイルの移動手段を確保することで交通課題を解決し、住民の移動を活性化させることで「地域社会の持続可能性」を高めていくことを目的として、実証実験を行うに至った。

実証実験では、同地区の住民に対して、自家用車の代わりとなる乗り合い型のデマンドバスを無償提供することで、交通課題の解決に向けた検証を実施。自宅から近隣の商業施設や医療施設までのラストワンマイルの移動手段を確保することで、交通課題の解決と住民の移動活性化による地域社会の持続可能性を高めることを目指す。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 実証実験の実施場所:京都府相楽郡精華町の一部地域《図版提供 西日本電信電話》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ