トヨタ、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」発売へ…モノづくりの力で社会貢献

業界 レスポンス

トヨタ自動車は、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」を上郷部品センターにて月2000〜2500個レベルで生産を開始し、12月1日より国内のトヨタ車両販売店・トヨタレンタリース店を通じて販売する。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染が拡大する中、トヨタは製造現場のモノづくりの力やTPS(トヨタ生産方式)を活かし、マスクやフェイスシールドの生産、飛沫循環抑制車両の開発、医療用防護ガウンの生産性向上支援等を行ってきた。

今回販売する足踏み式消毒スタンドは、コロナ禍で生産ラインの稼働停止を余儀なくされたトヨタの各工場のメンバーが、4月上旬から自発的に製作を開始し、活動を広げてきたものだ。その後、医療用防護ガウンプロジェクトにも携わるTPSのプロが加わり、市販化の検討を開始。試作品を医療機関に持ち込み、専門家の意見を基にベースとなるモデルを決定し、愛知県の医療機関や一部車両販売店をはじめ、大型商業施設や地方自治体などで実証を進めてきた。

トヨタでは、パーツの取り外し・洗浄、車いすでの使用を可能にし、初号機の約6kgから約3.2kg(マット含む)に軽量化させるなど、ユーザーの声を反映するとともに、これまでクルマづくりで培ってきたモノづくりの技術・ノウハウを活かし、約30バージョンの試作機を製作するなど、市販化に向け徹底して改善を重ねてきた。

市販モデルは、誰にでも使いやすく、良いものを購入しやすく提供することに拘り、良品廉価な製品となった。本体サイズは幅330mm×奥行430mm×高さ1169mm。価格(税別)は8000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」《写真提供 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ